津田歯科診療所 〒573-0127 枚方市津田元町1-15-5アルコーブ1F TEL:072-859-6464
ワイズ歯科 〒558-0011大阪市住吉区苅田5-19-19あびこ駅前クリニックモール1F TEL:06-6699-6853

枚方市 津田、藤坂の歯科医院 |予防歯科 小児歯科 歯周病 矯正 インプラント 入れ歯

お子様の治療

歯科衛生士募集
  • お口の中の環境対策
    • 歯みがきのポイント
    • おすすめグッズ
    • 生活習慣
  • 一本の歯を大切に
    • 削るのは最小限に
    • 神経を守る
    • 長持ちさせる治し方
    • 削らず白く
  • プロのお手入れ
    • まずはチェック
    • 徹底的にクリーニング
  • ムシ歯の治療
    • なりかけのムシ歯
    • 小さいムシ歯
    • 中くらいのムシ歯
    • ひどいムシ歯
    • 手遅れのムシ歯
  • 歯周病の治療
    • 進み方
    • 治し方
    • 保たせ方
  • お子様の治療
    • ムシ歯の治療
    • 生えかわり
    • 歯並びについて
  • 他にも・・・
    • 親知らずの抜歯
    • 顎関節症
    • レーザー治療
    • ホワイトニング
    • 知覚過敏
    • スポーツ用マウスガード

Mobile

津田歯科診療所では小さいお子様の治療にも積極的に取り組んでおります。

ムシ歯の治療

お子様の治療で最も大切なことはまずはムシ歯を作らないように予防することです。

お子様の治療の特徴として次のようなことがあります。

乳歯は水分が多く詰めものが取れやすい 唾液が多く治療がやりにくい じっとできずに治療中に動くことがある

つまり大人に比べて治療の成功率が大人より低くなりがちです。

そして、乳歯は永久歯に比べて
歯の質が柔らかく溶けやすい 神経までの距離が短い 痛みを感じにくい

なので神経までバイ菌が入りこみやすいのです。
神経がバイ菌に冒されると顎の中で作られている永久歯に悪影響を与えます。

お子様の歯を守るにはまずは予防。
そして定期検診による早期発見が大事です。

予防の仕方

2通りあります
(家で)正しい歯みがき、食生活改善 (診療所で)歯みがき指導、シーラント、フッ素塗布
まず家での予防

ここでは院長の家で行っていることを参考として紹介させていただきます。

歯みがき方法
「面倒がらずに親の責任として仕上げ磨きは必ず行う。」

お子様が小学校に上がると本人まかせにされることがよくありますが、この時期は永久歯が生えはじめる大事な時期です。
生えはじめの永久歯は表面が成熟しておらずムシ歯になりやすいのです。
できればしっかり歯みがきが出来るようになるまでは仕上げをしてあげた方がいいと思います。
3年生ぐらいまではしてあげた方がよいのではないでしょうか。
ちなみに院長は時々6年生の子供にも正しい歯みがきを意識づける為に仕上げみがきをします。

「フロスは必須です」

お子様のムシ歯は奥歯の間によくできます。
ここは歯ブラシで汚れを取るのは無理なので必ずフロスを使って下さい。
歯ブラシを忘れてもフロスだけはするぐらいの意識でいて下さい。それぐらい大事です。
欧米ではフロスをするのが当たり前です。

「フッ素入り歯磨き剤」

ひと通り磨き終わってきれいになった歯の表面に薬を塗るような感じに日々使うことによってフッ素が歯に取り込まれて溶けにくくなります。
お子様に使うにはペーストよりもすぐにお口のすみずみまでいま渡る泡タイプがおすすめです。

食生活

ムシ歯は食べ物がお口の中にあるときにそれを養分にしてバイ菌がをつくって歯が溶けて出来ます。なのでお口の中に食べ物が入っている「時間」が大事なのです。

  • ■食事はだらだらと時間をかけないようにしましょう。
    「早食い」する必要はありません。しっかりよく咬んで食べて下さい。
  • おやつは量よりも回数を少なくしましょう。例えばお菓子の袋を片手にちょこちょこ食べながら遊んだりするのはよくないです。
  • おやつとジュースという組合わせをやめましょう
    お茶はおやつを食べて出来たを薄めてくれますが、ジュースはさらにを作ってしまいよりムシ歯を作り易くします。
診療所では
歯みがき指導

プロの衛生士が丁寧に
お子様に歯みがきの仕方をご指導させていただきます。

シーラント

歯の咬む面の溝は汚れがたまりやすくムシ歯が出来やすい所なので

シーラントで溝を埋めて汚れがたまりにくくします。

フッ素塗布

ご家庭では使えない高濃度のフッ素をきれいに磨いた歯に塗っていきます。

予防しきれずムシ歯になってしまった場合はつめもので治すことになります。
だいたいは白いつめもので詰めて1回で治せます。

生えかわり

お子様の歯の生える時期や生えかわり方は気になりますよね。

生えかわりの流れ

まずは生後半年ぐらいで下の2本の前歯が生えます。
8.9ヶ月ぐらいになる子もいるので遅くても心配無用です。

2才半~3才で上下左右計20本が生えます。しかし時々「癒合歯」といって下の前歯の2本がくっついて1本になる場合や「先天的欠如」で数が足らない場合もあります。特に処置する必要はありませんがスムーズに生えかわらない時があるので要注意です。

6才ぐらいになると奥歯のさらに奥に「6才臼歯」といわれる永久歯が生えかわるのではなく、新たに生えてきます。
歯ぐきをつきやぶって生えてくる時に痛がる場合もありますが、特に心配はいりません。
気になるようなら来院してください。
「6才臼歯」が生える前に下の前歯が生えかわる場合もあります。

下の前歯は内側から生えてくることが多いです。
永久歯がみえても乳歯が抜けてない時は、将来の歯並びに悪影響を与えるので乳歯は抜いた方がいいです。

だいたい8才ぐらいまでに前歯の上下8本が生えかわります。

1年ぐらいしてからその奥が順次生えかわり始めますが生えかわる順番は人によってまちまちです。まとめて2、3本抜けることも珍しくありません。

12才ぐらいで「6才臼歯」の奥にもう一本永久歯が生えてきます。

この歯が上下噛み合った時に噛み合わせが確立します。ちなみにさらにその奥に生えてくるのが「親知らず」です。早くて18才ぐらいです。

歯並びについて

生まれつき遺伝で決まっているものがあるので、ある程度歯並びが悪くなるのを避けられない面がありますが、少し気をつければ避けれるものもあります。それは「悪い癖」をやめることです。代表的なものは「指しゃぶりです。」できれば3才ぐらいまでにはやめるようにしておきたいものです。

長く「指しゃぶり」をしているとどうなる?

  1. 上の前歯が押されて骨ごと前へ出て「出っ歯」になります。
  2. 吸うときの頬の圧力で上あごがせばめられて前歯が並びにくくなります。
  3. 常に前歯でものを挟んでいると上下が噛みあわなくなることもあります。
その他にも次のようなことがあります
  • 舌をはさむ → 前歯が噛み合わなくなる
  • 面白がって下あごを前へ出す → 反対咬合になる
  • 頬杖などをつく → 顎が左右方向にずれる
  • 爪や鉛筆などを咬む → よく使う歯だけ前へ出る

きつくしかって「悪い癖」をやめさせるのもかわいそうなので
根気よくやめるように指摘し続けてあげる良いと思います。

最近は顎が狭くて歯が並びきらないケースも増えてきています。
当院では永久歯が生えそろう前に顎を拡げて生えかわりの時に
並びやすくしてあげる矯正を行っております。
この矯正を行うベストのタイミングは上下の前歯8本が生えてくる頃です。
年齢的には7~8才ぐらいですね。

Page Top