津田歯科診療所 〒573-0127 枚方市津田元町1-15-5アルコーブ1F TEL:072-859-6464
ワイズ歯科 〒558-0011大阪市住吉区苅田5-19-19あびこ駅前クリニックモール1F TEL:06-6699-6853

枚方市 津田、藤坂の歯科医院 |予防歯科 小児歯科 歯周病 矯正 インプラント 入れ歯

歯周病の治療

歯科衛生士募集
  • お口の中の環境対策
    • 歯みがきのポイント
    • おすすめグッズ
    • 生活習慣
  • 一本の歯を大切に
    • 削るのは最小限に
    • 神経を守る
    • 長持ちさせる治し方
    • 削らず白く
  • プロのお手入れ
    • まずはチェック
    • 徹底的にクリーニング
  • ムシ歯の治療
    • なりかけのムシ歯
    • 小さいムシ歯
    • 中くらいのムシ歯
    • ひどいムシ歯
    • 手遅れのムシ歯
  • 歯周病の治療
    • 進み方
    • 治し方
    • 保たせ方
  • お子様の治療
    • ムシ歯の治療
    • 生えかわり
    • 歯並びについて
  • 他にも・・・
    • 親知らずの抜歯
    • 顎関節症
    • レーザー治療
    • ホワイトニング
    • 知覚過敏
    • スポーツ用マウスガード

Mobile

歯周病とは歯を支える顎の骨が溶けていき、支えが弱くなった歯が咬む力に耐えられなくなり歯がグラグラしてきて最後には抜けてしまう病気です。

基本的には溶けた骨は戻ってこないので元に戻すというより、骨が溶けていくのを止めるという治療になります。どの段階で治療するかによって将来の状態は大きく変わります。

歯周病は活性期(腫れる時)と静止期(痛くない時)を繰り返しながら悪化していきます。なので、腫れていのが引いても元に戻ったのではなく階段を一段降りてしまったようになるのです。

進み方

まず歯と歯ぐきの境目にみがき残しができると
そこでバイ菌が増えて毒素をいっぱい出して
歯ぐきに炎症が起こります。

歯垢が長期間残っていると
そこに唾液の中のカルシウムが沈着して歯に歯石が付いてきます。
歯石になると歯みがきでは取れなくなり
それはバイ菌が繁殖する“基地”になります。

そして歯と歯ぐきの境目のバリアが破られ
バイ菌の侵入を許すことになります。

この段階では無症状です。見た目もご自身では変わらないぐらいに少し赤くなる程度です。

骨にバイ菌が感染すると骨が腐って再生できなくなるので
人間の体は自ら骨を溶かしてバイ菌から逃げていきます。

骨が溶けるとより深い所にまでバイ菌の侵入を許すことになります。
そして歯の根っこにも歯石がついてきます。
バイ菌の前線基地が出来たようなもので、その活動が強くなったり
逆に体調が悪くてバイ菌に負けやすくなったりするときに急激に腫れを起こすような状態です。

ここで問題になってくるのは、骨が溶けても目では見えないという事です。本来骨が溶けると歯周も一緒に下がってくるのですが、バイ菌によって慢性的な炎症を起こされているので少し腫れているのです。そうすると見た目の歯ぐきは元の健康な状態と同じような位置にあるのでご自身はその進行は自覚できないのです。それが歯周病がひどくなるまで放置される事が多い理由であり怖い所なのです。
健康

できれば何ともないときから
定期検診で予防していきましょう。

軽度

いまきちんと治療すれば一生使えそう。

中等度

歯の股の所の骨が溶けはじめました。
ココは治療しにくいので進行を止めることが難しくなります。

重度

もはや咬む力に耐えきれなくなってきており
徐々に抜ける方向に進んでいきます。

手遅れ

根の先まで骨が無くなっているので
噛んだら歯が沈み込みます。
抜く以外には方法がありません。

治し方

先程述べた通り治療は進行を止めるということですが、その止め方には大きく2つあります。それは、今まで“溜めてきた垢”を落とすということとこれから“垢を溜めない”という事です。

今まで溜めてきた垢を我々が段階的に取り除いていきます。

第1段階

まず器械で取りやすい所の歯石をとります

第2段階

次に器械で取れない所の歯石を手でとっていきます。

第3段階

歯ぐきが邪魔で取れない歯石は
麻酔をして歯ぐきをめくって取り除きます。

“垢を溜めない”事は歯周病を進行させてきた要因を生活から取除くということ

歯周病の最大の原因は不十分な歯みがきです。

だから今までと同じ磨き方だとせっかく歯をきれいにしてもまたすぐに汚れてしまいます。
歯みがきの仕方は「歯みがきのポイント」をご覧下さい。

まずは今までとは違った磨き方を取り入れようと思うことが肝心です

他につぎのようなことは改善することができます。

1.禁煙

だから今までと同じ磨き方だとせっかく歯をきれいにしてもまたすぐに汚れてしまいます。
歯みがきの仕方は「歯みがきのポイント」をご覧下さい。

たばこに含まれる価額物質は歯ぐきの血流を低下させたり、
細胞の機能に障害を与えたりします。
たばこは歯周病にとって最大のリスクファクターで
3~10倍程なりやすくなるといわれています。

健康のためにもたばこをやめてみませんか?ちなみに津田歯科診療所はスタッフ全員たばこは吸いません
2.規則正しい生活を心掛ける

不摂生な生活は体内の様々なバランスを崩します。
それによって歯ぐきの抵抗力が低下すると
バイ菌に負けやすくなります。

現代社会での生活は不規則になりがちだと思います。時々思い返して生活習慣をみかえしてみましょう。
3、全身的な病気をお持ちの方はきちんと治しましょう。
  • 糖尿病、骨粗鬆症などは歯周病にとってはリスクファクターとなります。
  • またある種の高血圧のお薬は、歯ぐきを腫らすので場合によっては別のお薬に変更した方がいい場合があります。

保たせ方

多大な労力と時間をかけて歯周病の進行を止めて歯ぐきの状態を改善したのですからこの状態を長く持続させたいものです。
それには家でのご自身のお手入れと診療所での我々プロのお手入れの両方が車の両輪のように必要です。

歯ブラシや歯間ブラシなどが届く所はご自身で日々がんばってみがいていただきご自身でお掃除できない所に少しずつ溜ってくる歯垢や歯石は我々にまかせていただけたらと思います。

例えば歯周ポケットの中、歯並びが悪い所、奥歯の根の分かれ目、ブリッジが入っている所などは歯ブラシが届きにくいですね。
  • 我々が全面的にサポート致しますので、できれば青いラインを選んでいただき、一生自分の歯でおいしく食事を召し上がって下さい。
Page Top