津田歯科診療所 〒573-0127 枚方市津田元町1-15-5アルコーブ1F TEL:072-859-6464
ワイズ歯科 〒558-0011大阪市住吉区苅田5-19-19あびこ駅前クリニックモール1F TEL:06-6699-6853

枚方市 津田、藤坂の歯科医院 |予防歯科 小児歯科 歯周病 矯正 インプラント 入れ歯

ムシ歯の治療

歯科衛生士募集
  • お口の中の環境対策
    • 歯みがきのポイント
    • おすすめグッズ
    • 生活習慣
  • 一本の歯を大切に
    • 削るのは最小限に
    • 神経を守る
    • 長持ちさせる治し方
    • 削らず白く
  • プロのお手入れ
    • まずはチェック
    • 徹底的にクリーニング
  • ムシ歯の治療
    • なりかけのムシ歯
    • 小さいムシ歯
    • 中くらいのムシ歯
    • ひどいムシ歯
    • 手遅れのムシ歯
  • 歯周病の治療
    • 進み方
    • 治し方
    • 保たせ方
  • お子様の治療
    • ムシ歯の治療
    • 生えかわり
    • 歯並びについて
  • 他にも・・・
    • 親知らずの抜歯
    • 顎関節症
    • レーザー治療
    • ホワイトニング
    • 知覚過敏
    • スポーツ用マウスガード

Mobile

ムシ歯は歯の表面にいるバイ菌が我々が食べた物を栄養にして酸を作ることによって生じます。

酸によって歯が溶けていき一旦穴ができると再生されることは無く溶けていく一方です。
どの段階で治療するかによって治療の回数やしんどさや治した後の保ちが変わってきます。
もちろん早期発見、早期治療が良いことはおわかりですよね。

なりかけのムシ歯

歯の表面が白く濁ったり溝が少し茶色くなったりしている程度の場合でまずは削らず経過観察をします。
この程度では症状は出ません。
はみがきや食生活の改善により進行が止まればなんら削る必要はありません。

もしこれを削って詰めるとなるとムシ歯でない部分を大幅に削らないと詰めれません。
しかも詰めたものが取れた場合はかえってムシ歯を拡げただけになってしまいます。

一本の歯を大事にする津田歯科診療所では、お口の中のお手入れや歯みがきの仕方のご相談によってムシ歯の進行を止める事を試みていきます。

しかし小さいムシ歯だからといって油断して何年も検診を受けずにいると治療するのにいい時期を逃してムシ歯が神経まで達してしまうことがあります。ムシ歯治療の“ベストタイミング”を逃さないように定期検診は受けるようにしましょう。

小さいムシ歯

歯の外側の硬い質(エナメル質)を越えて内側の柔らかい室(象牙質)に侵入し始めた段階です。
象牙質は溶けやすいのでここからムシ歯の進行速度はギアチェンジしてかなり早くなります。そして冷たい物にしみるようになってくるとかなり深くまで溶けてきていることになります。

この象牙質に侵入し始めた頃に治療すると大半は白いつめもので1回で治せます。しかもムシ歯が大きくなってから治すよりも小さい時に治す方がつめたものも長持ちしやすいです。

この段階が治療の“ベストタイミング”といえます

ちなみにこのような歯と歯の間を削っていない金属が取れたり、ムシ歯になった時には白いつめもので治せば1回で治せますし、見ためもきれいです。

中くらいのムシ歯

中くらいのムシ歯

歯の咬む面が大きく欠けたり歯と歯の間を削って治してある金属のつめものの再治療の場合には、つめものをお口の中で歯の形を作るのが困難なので型を取って次回に金属のつめものをつける事になります。
基本的に2回で治ります。
保険はききませんが歯と同じ色に仕上げることも可能です。

ひどいムシ歯

ひどいムシ歯

ムシ歯が神経まで達してしまいました。
冷たいものがしみたり痛みが出たりすることが多いですが無症状の場合も結構あります。
こうなったら神経を取るしかありません。治療は数回かかります。

最終的には歯を大幅に削ってかぶせるようなことが多いです。

保険はききませんが歯と同じ色に仕上げることが可能です。

前歯とかだと金属を使わずセラミックだけで治すと天然歯と見分けがつかないくらいに仕上げれます。

しかし、きれいにかぶせたとしても歯がある限りムシ歯にはなります。特に神経を取った歯は再びムシ歯になっても症状がでないので、知らない間にひどくなりやすいです。また歯が割れやすくもなります。神経を取るか取らないかで歯の寿命は大きく変わります。やはり理想的には神経を取るようなムシ歯になる前に治したいものですね。

手遅れのムシ歯

ムシ歯が進んでいるのに治療せず放置していたり、かぶせものが取れたままにしていて根っこだけになってしまった状態です。
根っこの長さが長ければ抜かずに治す方法もありますが抜かなければならなくなることが多いです。

歯が抜けた所の治し方は抜けた場所や本数によって様々です。

(a)奥歯が一本抜けた場合

3通りの治し方があります。

ブリッジ 入れ歯 インプラント
(b)前歯が1本抜けた場合

治療法は(a)と同じことが挙げられますが奥歯ほど力がかからない前歯では別の治療法もあります。

両隣の歯がムシ歯になっていないきれいな歯の場合入歯だと針金が目立ちますし、ブリッジだとかなりの量の歯を削ることになります。

そこでグラスファイバーという素材を使って歯をほとんど削らず見た目も自然な感じに仕上げる方法があります。

ただ金属やセラミックに比べると耐久性は劣るのでやり直す時期は必ず来ると思った方がいいです。
しかし、両隣りの歯がダメになることはないのでブリッジにするよりは歯を長持ちさせるという点では大きなメリットがあります。

(C)奥歯が数本抜けた場合

抜けた本数が多くなるとブリッジでは治せず入れ歯かインプラントで治すことになります。

右奥にインプラントを2本植立して固定式で治します。

入れ歯で治すとき針金が見えるのがちょっとという方には保険はききませんが針金を使わない入れ歯もあります。

Page Top