津田歯科診療所 〒573-0127 枚方市津田元町1-15-5アルコーブ1F TEL:072-859-6464
ワイズ歯科 〒558-0011大阪市住吉区苅田5-19-19あびこ駅前クリニックモール1F TEL:06-6699-6853

枚方市 津田、藤坂の歯科医院 |予防歯科 小児歯科 歯周病 矯正 インプラント 入れ歯

Q&A

歯科衛生士募集
  • お口の中の環境対策
    • 歯みがきのポイント
    • おすすめグッズ
    • 生活習慣
  • 一本の歯を大切に
    • 削るのは最小限に
    • 神経を守る
    • 長持ちさせる治し方
    • 削らず白く
  • プロのお手入れ
    • まずはチェック
    • 徹底的にクリーニング
  • ムシ歯の治療
    • なりかけのムシ歯
    • 小さいムシ歯
    • 中くらいのムシ歯
    • ひどいムシ歯
    • 手遅れのムシ歯
  • 歯周病の治療
    • 進み方
    • 治し方
    • 保たせ方
  • お子様の治療
    • ムシ歯の治療
    • 生えかわり
    • 歯並びについて
  • 他にも・・・
    • 親知らずの抜歯
    • 顎関節症
    • レーザー治療
    • ホワイトニング
    • 知覚過敏
    • スポーツ用マウスガード

Mobile

時々歯ぐきが腫れるのですが・・・

時々歯ぐきが腫れるとおっしゃる方は結構いらっしゃいますね。ただ“腫れる”といっても全て同じ状態という訳ではありません。バイ菌が悪さをしているという点では同じですが、問題はバイ菌がどうやって歯ぐきに入り込んだかということでその侵入経路によって治療がかわります。

Aは歯周病です。

歯石や歯垢が溜ってバイ菌がたくさん繁殖しているところで起こります。

「それまで大丈夫だったのに急に腫れてきたの。バイ菌ってそんなに急に入って来て繁殖するの?」「いえいえ!腫れるような所は普段から歯周ポケットの中にタチの悪いバイ菌がウヨウヨいて、軽く腫れているような状態になっているんだよ。」

治療は、歯石や歯垢を取り除き歯をきれいにすることです。
そしてきれいになった歯を維持するために日々の歯みがき頑張ります。
しかし、100%みがききることは不可能なので少しずつ溜ってくる歯石や歯垢は定期的に取りに来て下さい。

Bは歯の根の中の感染です。

神経を既に取っている歯やムシ歯を放置していて神経が腐った歯に起きていることが多いです。歯の神経があった根の中の管を通路にしてバイ菌が根の先まで侵入していきそこから顎の骨の中に拡がり炎症を引き起こします。その結果膿みが溜まりそれが溢れてきて歯ぐきが腫れます。歯から少し離れた場所が腫れることが多いです。例えば上の歯だったら鼻の近くが腫れた感じになります。

腫れたり引いたりしてるけど痛くないから大丈夫かな?「大丈夫ではありません!腫れが引くのは歯ぐきが膨らみすぎて潰れているだけで、顎の中の炎症が治った訳ではないんだよ。どんどん膿はできているから潰れた歯ぐきの穴が塞がるとまた腫れてくるんだ。痛くないのは一度穴ができると抜けやすくなって中の圧力が高くならないから痛みが出にくいんだよ。」 そんなに炎症ってなおらないものなの?薬を飲めば治りませんか?「顎の中に侵入したバイ菌は基本的に免疫によってやっつけられるんだけど、その免疫力が歯の根の中にまで及ばないのです。もちろん飲み薬も届かないですよね。だから、歯の中を開けて根の管を徹底的に清掃消毒していく必要があるんだよ。」ただ感染が長期に及んでいる場合には、バイ菌が消毒されにくい所に住みつくことがあって、歯を抜かなければ顎の中からバイ菌を取り除けない場合もあるんだよ。早めに来院することが大事! 「それ以外にも歯ぐきが腫れることはあるの?」「ありますよ。他にも次のようなことが原因になります。」
  • 親しらずが生えきらずに上に歯ぐきが被っているような時には、その隙間にバイ菌が溜まります。
    健康な時には大丈夫でも体調が悪くなった時などに歯ぐきがバイ菌の感染を許してしまい腫れてしまいます。

    親しらずがきちんと生えそうになければ抜歯した方がいいです。

  • 歯の根にヒビが入ったりするとそれがバイ菌の通路になって奥まで侵入されてしまい歯ぐきが腫れます。

    歯を抜かざるを得ない場合が多いです。

  • 歯と歯の間がすいていたり上下の噛み合わせの関係が悪いと、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなり、それによって歯ぐきが腫れます。

    噛み合わせが悪ければその調整をします。

    歯と歯の間がすいている場合は入っているつめものや、かぶせものをやり直して
    きつく入れれば治ります。

  • 口内炎ができて実際には腫れていなくても痛みで腫れているように感じることがあります。

    レーザーや軟膏ですぐによくなります。

つめものが取れたままになって、全然痛くはないので放っておいても大丈夫ですか?

放っておいたら大変なことになりますよ!
つめものが取れたらそのまま直せることもあるので捨てずにすぐに連絡して下さい。
ただ、一週間くらいではそんなにひどくならないので焦ることはありませんよ。

つめものが取れたあとの穴には食べカスが溜って歯みがきができません。しかも歯は外が硬く中が柔らかくできているので、ムシ歯は中から外へ向かって急速に進行します。しかし、一番外側は元のまま残っているので何も変わっていないように感じるのです。特に根の中の方へひどく進行して穴があいてしまうと抜かなくてはいけくなります。

歯が抜けたまま放ってあるんですが食事に支障がないのでそのままでも大丈夫?

いやいや!早く何らかの歯を入れた方がいいですよ。
なぜならその周りの歯が移動し始めるからです。

噛み合わせがかなり崩れてしまっているのが分かると思います。さあ大変だと思って歯を入れようとしても、まともに入れることができなくなっています。抜けてすぐに入れる時の何倍も労力や経費を払うことになってしまいます。

悪いところは無いと思うんだけどちょっと見てもらうだけで行ってもいいですか?

ぜひお越し下さい。
お口の中は自分では見えません。我々プロでもそうです。小さなムシ歯では症状もでません。
痛くなってからでは治すのが大変なことが多いです。

例えばこんな隙間とかもそうです。

何も悪い所がなくても歯石などが溜っていることがあるので、お口の中全体をきれいにクリーニングすればさらにいい状態を保てますよ。津田歯科診療所はスタッフ全員がプロの歯科衛生士です。様々な器具使って細部まで徹底的にクリーニングさせていただきます。

最近口臭がするって言われてショックなんですが・・・

歯が悪ければ口臭がすると言われますがお口の中に原因がある事が多いのです。
口臭の原因にはいくつかありますが基本的にはばい菌が臭いの素となる様々な化学物質を作ることによって起こります。

歯周病やムシ歯など治療すべき病気がある場合

歯周ポケットやムシ歯の穴の中までは歯磨きができないのでバイ菌が大量に繁殖します。それから臭いがでてきます。

歯周病とムシ歯を治しましょう。

繁殖する所が無い場合

要は歯磨きが不十分な場合です。また、舌の上のバイ菌が原因になることもあるので歯ブラシ以外に舌専用のブラシを使ってみてもいいかもしれません。ただやりすぎは味覚障害の恐れがあるので注意してください。

歯みがきの仕方を練習しましょう。

お口の中に問題がない場合

耳鼻科的な病気がある場合、そこで発生した臭いが口にまわってくることがあります。
また内科的な病気が原因となることもあります。

口臭が問題にならない場合

ご自身では気になっているが他人には全く感じられない程度のものは治療をする程度ではありません。お口の中のクリーニングにお越しいただければスッキリされるかもしれません。

歯がグラグラするのですが・・・

歯は食べ物をしっかり噛み砕くためにあるものです。
動いていたら力が入りませんよね。
しかもご自身で分かるぐらいになるとかなり深刻な状態だと思ってください。
歯がグラグラする原因は主に2つあります。

1つは、歯周病の進行です。

歯を支えているのは歯の周りの骨です。樹木が地面に根を張ってしっかり立っているのと同じで歯も歯根が顎の骨の中にしっかり埋まっているとグラグラしません。ところが歯周病はその顎の骨がなくなっていく病気です。支えが弱くなっていくと毎日の食事の負担耐えられなくなり歯は動き始めます。そのまま放っておくと抜けてしまうのでその歯の処置は必要ですが、1本グラグラしているということは、他の歯もある程度歯周病が進行していることが考えられます。ひどい時には2,3本まとめて抜かなくてはいけなくなり、いきなり入れ歯を入れなくてはならないこともあります。歯がグラグラするのは危険信号ですので早めの治療が必要となります。

もう1つは噛み合わせの不調和です。

毎日の食事や寝ている時の歯ぎしり、くいしばりで歯に力がかかりますが、その時に他の歯よりも当たりの強い所があった場合、その歯に本来の負担できる以上の力がかかることになります。歯と顎の骨の間には咬んだときの衝撃をやわらげるクッションの部分があるのですが、このクッションが力がかかりすぎることで“腫れる”ような状態になります。

クッションの幅が広くなればそれだけ歯の動ける幅が広くなるのでグラグラしやすくなります。俗に『歯が浮いた感じがする』という時にはこうなっていることが多いです。歯周病が進行していなければ少しだけ削って調整してあげればすぐによくなりますが、原因が別の所にある場合はそう簡単ではありません。例えば、入れ歯を長く使っているために、人工歯がすり減って(プラスチックなので天然歯より早く減ります)噛み合わせが低くなって天然歯がよく当る状態の場合には、歯を削るのではなく入れ歯を作り直すなどして、きちんと入れ歯が当るようにしなければなりません。また歯が抜けたままになっていたり、ムシ歯を放置している場合にはそこをきちんと治療し、咬めるようにすることによってグラグラしている歯の負担を減らすことが必要となってきます。

他には歯が折れていたり、かぶせがはずれかかっていたり

ということも考えられます。いずれにせよ歯がグラグラするということは、本来の仕事である食べ物を噛み砕くことができなくなってきている危険信号なので、是非早めの受診をおすすめします。

歯は痛くないんですが顎が痛いようなきがするんですが・・・

顎関節症の疑いがあります。
顎関節症だと口の開け閉めの際に痛みが出ることが多いです。
ひどくなると口が開かなくなることがあるので、早めの診断を受けましょう。
他にも

  • 親しらずが原因で歯ぐきが腫れている
  • 奥歯の根の感染がひどくなった

このような場合にも顎が痛くなったように感じることがあります。詳しくはこちらへ

じっとしていれば痛くないんだけど食事の時に噛んだら痛いんです・・・

色々な原因が考えられます。
細かくなりますが、原因として考えられることを挙げていきます。

  • 歯周病が進行していて歯ぐきが腫れている所に咬む力が加わることにより痛みを感じます。

    歯周病の治療が必要です。

  • 噛み合わせのバランスが悪くなってきて、ある特定の咬む力が集中し負担が大きくなり痛みを感じることがあります。

    噛み合わせの調節をしたりします。

  • 寝ている時にくいしばったり歯ぎしりをしたりで過度の負担がかかってしまった。

    マウスピースをはめて歯がゆすられにくくします。

  • ムシ歯で穴があいていてそこに食べ物が入り込んだことによって中の神経が刺激されると痛みが出ます。

    もちろんムシ歯の治療ですよね。

  • 歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなっている。

  • 歯の根の感染により顎の骨の中に炎症を起こした時に、咬む力がそこまで伝わるので咬むと痛みます。

  • 歯につめてあるつめものが外れかかっている時に咬むと歯の中でつめものが動くので、歯の削られた面をこするようになり痛みがでます。

    つめもののやり直しが必要になります。

  • 歯が割れている場合も痛くなります。

    割れている部分を取って歯を作り直すことが可能な場合もありますが、根の深い所まで割れていると抜かなければいけません。

最近歯が茶色くなってきたんですが・・・

まずムシ歯を疑うと思いますが他にも次のような場合もあります。

  • 歯の表面に茶渋やタバコのヤニが付着している場合。

    我々プロのクリーニングですぐにきれいになります。

  • 神経を取った歯は、歯の質の中に残った神経の死骸が変色して茶色くなっていく場合があります。

    かぶせ物にしなくても漂白することで元の色に戻ります。

  • 以前にされている白いつめ物が変色してきている場合

    軽度ならばさっと表面を磨くだけでOK。
    少し深くまで変色していればつめ直しできれいになります。

  • 保険の白いかぶせ物はプラスチックなので材質的に必ず変色していきます。

    変色したからといって機能的に問題はありませんが、見た目が気になるようなら新しいかぶせものに変えるしかありません。
    保険外になりますがセラミックのかぶせものにすると変色することはありません。

歯並びが悪いのですが・・・

歯を大幅に治せる場合もありますが基本的には矯正することになります。
一概に歯並びが悪いと言ってもいろんなパターンがあります。
大きく分けて全体的に悪い場合と部分的に悪い場合があります。

全体的な矯正

  1. 顎が小さくて歯がガタガタになっている
  2. 歯がすきっ歯
  3. 出っ歯
  4. うけ口

部分的な矯正

  1. 歯が倒れ込んでいる
  2. 部分的に噛み合わない
  3. 1本だけずれている
  4. 歯がねじれている

当院でも矯正治療は行っております。
ただ専門医ではございませんので難症例に関しては信頼できる専門医をご紹介させて頂くことになります。

入れ歯が合わず食事の時によくはずれたり、痛かったり、食べカスが溜まったりするんです・・・

不具合がありながら入れ歯を使っておられる方は結構いらっしゃいますよね。
こんなものかとあきらめずに来院してください。
きちんと咬めるようになるまで調節できます。

入れ歯のバネが緩くなってきて外れやすくなってきている場合

バネを調節すればすぐにしっかりします。

歯ぐきが痩せて入れ歯との間に隙間ができてついたり食べカスが溜まったりする場合

内面に材料を追加して隙間を埋めます。

ただ作ってからかなり年数が経っているようでしたら新しく作った方が良いと思います。入れ歯の素材のプラスティックは吸水性があるので汚れを取り込んでしまいやすいので衛生面からも新しくした方がいいかもしれません。

食事の時に痛いのは入れ歯が歯ぐきと強くこすれたり歯ぐきにくい込んだりする場合

内面が均等に歯ぐきに当っていないため強く当る所が痛む

内側のどこがあたっているか調べてそこを削ります。

内面は合っているが噛み合わせのバランスが悪く噛んだ時に入れ歯が変な方向に動かれ、歯ぐきに強く押し付けられ痛みがでる。

噛み合わせをチェックして調節します。

歯ぐきが痩せ過ぎている場合には、残念ながらなかなかしっくり合わないことがあります。

しっくりいくまで何度でも調整しますので諦めずに来院して下さい。
また特殊な素材を内面に使うことで解決できることもあります。

最近冷たいものがしみるのですが・・・

まずはムシ歯を疑いましょう。
ただムシ歯ではなくてもしみることはあります。
冷たいものがしみてきているということは、できたてのムシ歯ではなくかなり進行していて神経に近づいてきているということです。もうすでに神経をとらなくてはいけなくなってきている場合も少なくないので早めに来院しましょう。他にもこのような場合があります。

つめものが外れかかっている

外れかかっている状態をチェックし、取れるようならつけ直すか、新たに作り直します。

知覚過敏

詳しくはこちらでご覧いただけます。

歯にヒビが入っている

神経まで達する可能性があるので早めに処置が必要です。

噛み合わせが強すぎる

噛み合わせを調節する

Page Top